神戸高校 合格 Tくん

 平成16年春・・・、僕は憧れの神戸高校の校門をくぐることができた。僕が久保塾に入塾したのは中1からだった。中学から難しくなると言われていた勉強に対する不安感を克服するために塾に行こうと決意し、塾の紹介などを見ていたとき、ふとこの久保塾の案内が目に止まった。久保塾に行きたいと思った理由は、名前がすごかったこと。京大ゼミナールという名前が僕を虜にした。ここならきっとレベルの高い授業をしてくれると思った。実際に塾が始まってみると、その仰々しい名前とは裏腹に、とても楽しい授業が待っていた。クラスメイトはもちろん、先生方もかなり面白く、ここが塾だということを忘れてしまいそうになった。もちろん、授業のときは皆それぞれに真剣かつ集中して、毎時間ほどよい緊張感と、熱い気迫のこもった授業で、1日毎にちょっとずつ賢くなっていると実感できた。もちろん実感だけにはとどまらなかった。中学校の定期テストでも、つまらないミスはなくなっていったし、最後の大問(いわゆる100点防止の難しい問題)も久保塾でつけた実力のおかげで苦にならなくなった。定期テストでコンスタントに上位に位置できるようになってくると、今度はまた勉強に意欲が湧いてくる。いつの間にかそんな好循環にどっぷりとはまりこんでしまい、こうして高校入試もラクラク合格だった。今こうして合格体験記を書いているわけだが、こうして振り返ってみてもこの塾はいい塾だった。他の塾なんて行きたくなくなってしまうほど、勉強も他の面も充実していた。それから。教えてくれたことは中学の内容だけでなく、高校につながる内容も先取りしてくれたので、驚くほどスピーディーに高校の勉強のスタートができた。久保塾はテストを楽しいものにしてくれるだけでなく、高校にもつながる「深い」授業をしてくれる。それが今の高校生活に生きているので、毎日楽しくて仕方がない。まさに「久保塾様々」である。さあ!次は君達だ!久保塾で栄光をつかめ!