京大ゼミナール 久保塾兵庫・大阪に展開する30年の伝統と実績の進学塾

合格実績

資料請求はこちらからどうぞ

Home > 久保塾の「ちょっと自慢話」

久保塾の「ちょっと自慢話」

公立高校受験クラスチャレンジクラス久保塾の「ちょっと自慢話」

久保塾の「ちょっと自慢話」

 平成26年度春の高校入試40名募集の「灘高」に、御影教室・本山教室のチャレンジクラス生6名が挑戦し、うち5名(御影教室3名・本山教室2名)が合格しました。「灘高」のホームページによると、神戸市の合格者は10名となっており、半分が久保塾生ということになります。
 久保塾のチャレンジクラス生は、中3の夏に引退するまでクラブ活動を続ける塾生がほとんどです。灘合格者の中には野球部エースや、クラブチームでサッカーをやっていた生徒、さらに中学入試の未経験者もいます。そんな彼らが、チャレンジクラスとして当たり前の授業を最後まで受けてきただけで「灘高合格」という最高の結果を成し遂げてくれました。今年のチャレンジクラスの人数は、御影教室と本山教室合わせても総勢13名。男子が12名ですから、その合格率は本当に驚異的です。当たり前のことをただ当たり前にこなしていくという久保塾のやり方で、日本最難関の高校に到達できるということを彼らが証明してくれました。
 他にも、今では京大合格者数において、兵庫のもう1つの名門、甲陽学院高校をしのぐ実績を出している「西大和学園」に9名(一部複数合格を含む)、京都の名門「洛南高校」へも2名、さらに「大阪教育大学附属池田高校」「白陵高校」などに合格しています。

久保塾の「ちょっと自慢話」パート②

 チャレンジクラスだけでなく、公立クラスの生徒たちもすばらしい結果を出しています。たとえば今年「御影教室」では公立高校受験者は全員で52名。その内、神戸高校に14名、御影高校に7名、葺合高校に8名と、いつものことですが神戸のトップ3高に半数以上が合格。昨年の「本山教室」はもっとすごくて、全卒塾生(公立クラスとチャレンジクラスの全員)56名の内、神戸高校19名、御影高校11名、葺合高校8名の合格者を出しています。開校してまだ3年の「六甲教室」だって負けていません。昨年は全卒塾生17名中、神戸高校4名、御影高校6名、葺合高校2名合格。今年も21名中、神戸高校に6名、御影高校と葺合高校に2名ずつの合格ですから本当に久保塾生は優秀です。そして何よりみんな明るくて性格がいいのが自慢です。小学生も頑張ってくれました。特に「御影教室」。今年は6年チャレンジクラス(男子12名・女子6名)から甲陽学院中学校に3名、神戸女学院中学校に1名、東大寺学園中学校に1名、四天王寺中に1名など、関西の最難関中学校にも合格者が出ており、合格率も100%でした。他にも六甲中が4名、須磨学園2名、白陵1名、高槻3名、関学1名など合格しています。
 到底こなせない宿題を出されるわけでもない。家庭に◯つけを丸投げすることもない。次々と有料のオプション授業がある訳でもなく、びっくりするほどの費用がかかるわけでもありません。そして、周りはライバルではなく、仲間。それが久保塾のあり方です。
 久保塾の中学入試受験生は全教室を合わせても、それほどたくさんいるわけではありません。だから延べ人数では、大した数字ではないかもしれません。しかし、楽しみながら(時には叱られながら)勉強を続けてきた久保塾の小学生たちが、きっちりと結果を出してくれている。それが私たちにはとてもうれしいことなのです。
 どのクラスであっても、そこで精一杯がんばれば、自分にとっての最高の結果が出せる、それが久保塾のいいところなのです。

ー 平成26年度春 『久保塾ニュース号外』 より ー